採用情報

先輩からのメッセージ|建築部

2018年03月01日

ー 入社した頃と、今とでは仕事に取組む姿勢や考え方に変化はありますか。
  それはどのようなことですか。 

  入社当時は、仕事に対する期待よりも不安のほうが大きかったです。
  今は経験を積み重ね、知識だけでなくあらゆる知恵も身に付きましたから、
  与えられた仕事にベストを尽くすよう努力するだけです。
  また常に何か目標を立てて仕事をするようにしています。 

   今の目標ですか?
  「後輩の面倒をしっかり見る!」ですね。
  毎日が勉強ですよ。


ー お客様から「次も小巻さんでお願いします」と指名されることがあると伺いましたが、
    お客様へのアプローチなど、普段から心掛けていることは何ですか。

  嬉しいことですが、そんなに難しいことをしているわけではなく、当社の品質方針である
 「顧客のニーズに応えられるよう創意工夫し努力する」ことを常に心がけています。

  それと、仕事以外のお話をさせていただくこともお客様に近い存在であるために大切なことだと思います。


ー 小巻さんは一級施工管理技士と一級建築士を取得されてますが、
  資格取得に向けた勉強は 仕事をしながらできるものですか。
  また資格取得のコツはありますか。

  社会人は仕事をしながら資格を取得するものですから、条件は同じでしょう。
  しっかり目標を定めて、やる気をもって努力する、私はそれだけでした。
  誰かに、何かに頼ることがあってよいと思いますが、まずは現場でしっかり仕事をして学ぶことですね。
  もし後輩から「コツを教えてくれ」と頼まれたら、それは喜んで(笑)


ー 現場で後輩を指導する際に心掛けていることはありますか。あればどのようなことですか。

  一度は丁寧に教えます。
  が、そこからは付かず離れず・・・
  なるべく本人に考えさせるようにしています。
  教えてもらうだけでは、なかなか身に付かないもので、
  自分で考えることで意味を理解し応用できるようになると私自身学んできました。

  「オレの背中を見て育て」ということ・・・ですか?
  いえいえ、私はもっと優しいですよ(笑) 


ー 現場で仕事をしながら、息抜きする時間はありますか。
  あれば、どのようなことをされて いますか。

  現場には色々な職種の職人さんがいます。
  休憩時間に彼らと仕事以外の話もするのですが、それが案外息抜きになっているかもしれません。


ー 小巻さんのこれからの目標を教えてください。

  仕事をしていると、毎年のように今までになかった工法や新しい資材が使われるなど、
  その変化に気づき、対応する必要に迫られます。
  だから日々勉強となるわけですが、時代の変化を恐れず、常に技術者として向上心をもって成長したいです。 



ー これから入社してくる後輩へ、メッセージやアドバイスをお願いします。

  現場に来れば理解できると思いますが、
  施工管理は学校で学んだこと以上に領域が非常に広く、きっとやりがいを感じるはずです。
  まずは目で見たことに好奇心をもって仕事を続ければ、徐々に技術力という結果がついてきます。
  それまでやる気と努力、ですよ(笑)









先輩からのメッセージへ戻る